mac Sierra[シエラ]セキュリティソフト

新macOS High Sierra[ハイシエラ]のセキュリティ対応

2016年6月14日に開催されたWWDC 2016で、OS X 「El Capitan[エルキャピタン]」に続く新macOS 「Sierra[シエラ]」のデベロッパプレビューが発表されました。

 

今回のアップデートから、これまで15年間使用されてきたOS X(Mac OS X)の名称が改められ、iOSやtvOSなどと同じ命名規則となる「macOS」が採用されました。

 

Apple Watchでのロック解除機能や、macOS へのSIRI搭載、iPhoneでコピーしたテキストをMacにペーストできるiCloud経由の「ユニバーサルクリップボード」機能などが紹介され、楽しみなアップデートが盛りだくさんです。

 

セキュリティ対策面でも大幅な改善が見られます。OS X El Capitan 10.11.6が影響を受ける多数の深刻な脆弱性(セキュリティーホール)が修正されており、安全性が高められています。

 

一般ユーザー向けのパブリックβプログラムが公開されており、正式リリースは2016年9月に提供される予定です。(アップデートは無料)2016年9月20日に正式リリースされました。

 

2017年6月5日に開催されたWWDC 2017では、macOS 「Sierra[シエラ]」に続くバージョンとして「High Sierra[ハイシエラ]」が発表されました。名前からも想像がつくとおり、「Sierra[シエラ]」の改良版に当たります。(正式リリースは秋頃の予定)

 

セキュリティ面では、新たなファイルシステム「Apple File System(APFS)」が採用されたことで、操作の高速化と併せ、ネイティブ暗号化でファイルの安全性とセキュリティが高められています。

信頼性バツグンのセキュリティソフト

Eset Eset Cybersecurity(イーセット サイバーセキュリティ)は、日本ではまだあまり知名度は高くはありませんが、世界的には非常に高い評価を受けています。

 

国際的な第三者機関によるテスト、総合評価において最多受賞歴を誇るセキュリティソフトです。

 

 

また、「Eset Cybersecurity for Mac」(イーセット サイバーセキュリティ for Mac)のスゴいところは、既に出回っているウイルスの検出だけではなく、新種(未知)のウイルスの検出力が高いところです。新種のウイルスが出回ると他のセキュリティソフトではデータベース化されるまでウイルス検出ができませんが、「Eset Cybersecurity for Mac」(イーセット サイバーセキュリティ for Mac)では、定義ファイルをダウンロードしなくても遺伝子技術によるウイルス検出が行われます。

入れていることを忘れさせるセキュリティソフト

セキュリティソフトというと、パソコンの起動時に時間がかかったり、定義ファイルの更新に数メガのダウンロードが実施されたり、と「セキュリティソフトが入ってパソコンを守っていますよ」と強くアピール?してきます。

 

「Eset Cybersecurity for Mac」(イーセット サイバーセキュリティ for Mac)は違います。定義ファイルの更新も数キロバイトで、監視中もパソコンにほとんど負担をかけませんので、本当に入っていることを忘れてしまうほどです。

 

この軽さも「Eset Cybersecurity for Mac」(イーセット サイバーセキュリティ for Mac)の特長の一つです。

 

下表はソフト起動時の画面表示時間を比較したものですが、圧倒的に早いことが確認できます。

 

 

>>1ヶ月間無料で試せますので性能を確認してみてください(万が一お気に召さなくてもすぐにアンインストール可能)ESET無料お試し

macOS High Sierra(ハイシエラ)でも動作確認がとれています。