macOS Sierra[シエラ]向けセキュリティソフト

ESET社について

ESET社

ESET社は、1992年にスロバキアに設立された、コンシューマおよび法人向けのセキュリティソリューションを提供しているセキュリティ対策ベンダーです。

 

同社のプロアクティブなマルウェア検出技術は業界トップクラスの性能と実績を誇り、ESET NOD32アンチウイルスはVirus Bulletin誌が主催する「VB100 Awards」の最多受賞回数を記録しています。

 

スロヴァキアのブラチスラヴァにグローバル本社、開発拠点を、米国カリフォルニア州サンディエゴ、アルゼンチンのブエノスアイレス、チェコのプラハ、シンガポールに事業所を構え、世界180カ国以上で販売、1億人のユーザーを抱えています。

 

2008年には、ポーランドのクラクフに新たなリサーチセンターを開設。ESET社は、ヨーロッパ、中東、およびアフリカ地域において最も急成長を遂げている企業の1つとして、DeloitteのTechnology Fast 500に選出された経験があります。


ESETのシェア

ESET社では20年前からヒューリスティック技術を研究・開発しており、いわばウイルスのDNAを検査して未知のウイルスも検知する仕組みだとしており、検出率が高い一方、ウイルス定義ファイルで容量を食わないために動作が軽いのが強みだとしています。

 

2005年に価格.comのWEBサイトが一部改ざんされた事件(トロイの木馬亜種が仕掛けられた事件)において、ESET社のNOD32が唯一ウイルスを検出したことで一躍有名になりました。

 

とはいえ、日本国内ではトレンドマイクロ社のウイルスバスターやシマンテック社のNORTONなどが有名で、これらのセキュリティソフトがパソコン購入時点でプレインストールされているケースも多く、ESETの利用者はパソコンに比較的詳しい人に限られる傾向にあり、まだまだESETのシェアは低い状況です。

 

ネット接続のスピード高速化に伴い、今後ますます未知(新種)のウイルスの拡散スピードも高速化し、被害が拡大しやすい環境を考えると、未知のウイルスに強みを持つESETも注目を集めることが予測されます。

 

 

シエラ セキュリティソフト トップページへ戻る